2014年04月14日

菫・満開

家を持ち始めてから、ガーデニングとして継続的に育てていたものがあります。
それはスミレです。

今年の春になって色々なスミレが咲くようになったので、今回お披露目します。

種類はある程度調べていますが、間違っていた場合は教えていただければありがたいですー。
まずは、タチツボスミレ。
画像

この花がスミレでは最初に我が家のバルコニーの住人になりました。
今となっては増えすぎて困るくらいです。
ただ、この子達の故郷は公園ですが、今ではヒメオドリコソウオオアラセイトウ(ムラサキダイコン)シロツメクサ等に侵略されて、あと何年もすればそこからは消滅するかもしれません。
実際に、採取した当時から比べるとものすごく減っていましたし、我が家で盛大に咲いていたにも関わらず、そこでは全然咲いていません。
注意しなければ見た目が小さな草なので普通気づかないですよね。


次にコスミレ
最初はノジスミレかと思っていましたが、咲いてみたら薄紫なので多分この種類かと。
画像



今度はノジスミレ。
元々採取した場所でも結構小さかったので、ここまで大きくなって驚いています。
もっと大きく育ったのもあるのですが、とっくに花が終わっていたためこちらを。
画像



そして、スミレと言えば濃い紫のホンスミレ系。
とはいえ、この系統は確かにホンスミレっぽいのですが、花や葉の形状が違ったりするので、この辺は完全に断定は難しそうです。
特に、ヘラ形なのと、葉が小さいのと混じっていて。
画像画像



ちなみに、うちのスミレはバルコニーのプランターにしか植えておらず、庭には元々スミレが生えていなかった事もあり植えてません。
秋にゴーヤが終わるので、これらを撤去したプランターを土を入れたまま出しておいて、休耕状態のところにスミレを植えていたプランターから種が弾けてそこに根付いたというパターンが多く、意図せずに増えていたという感じです。
元々野に咲く花なので自然に任せた方がよさそうなので。

全てのスミレは地元の道端や公園、空き地等で採取していますし。


最後に、スミレの増やし方ですが、
種を集めて発芽させた以外に茎挿しや葉挿し等の方法を使いました。
葉挿しはホンスミレ系で使っています。
posted by 風馬史郎 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93089444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック