2017年02月21日

録画環境(2017年初頭、iVDR-Sから SeeQvaultへのマイグレーション)

うちの録画環境ですが、

昨年前半まで iVDR-Sが幅を利かせていて、
レコーダーも VDR-R2000.G50,VDR-R3000,BIV-TW1000といったレコーダーたちが主力でした。

でも、iVDR-Sってバイト単価が高いですし、もう5年近くも1本あたりのカートリッジ容量が1TBから上がっていません。
いくら録画用 HDDでも今時 1TB/9000円前後はあり得ない数字です。


あと、BIV-TW1000というのがあまりにも曲者で、バグが多くてよくフリーズするとか、システムエラーを吐き出しては再起動します。

致命的なのは iVDR-Sから直接 BD-REや DLNAへムーブをかけると番組情報が消えてしまうため、番組情報を残すためには一旦 HDDを介さないとダメな点。
とりわけ HDD容量がひっ迫している時にこの制限は困りものですが、これは仕様であるとのマクセルからの回答がありました(汗)

癖があって任せきりにもできず、精神衛生的に悪いんですよ。
設計がマクセルではなく他社(F社?)とはいえ、よくもここまで完成度の低い製品をリリースしたなと。


iVDR-S自体も結局はコピーワンスしか使えないため、他社の USB-HDDを増設する形式とは同一視できません。
(後者はダビング10情報を保持したままムーブできるのに対し、iVDR-Sへムーブした場合コピーワンスのみ)
これも改めて思うと機器バインドは回避できるものの、かなり使い勝手が悪く不経済です。


続きをよむ
posted by 風馬史郎 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器

2017年02月19日

Windows 10 Mobileで感動したこと。

えーと、モバイル記事を連投するのは本意ではありませんが、気づいたネタなので書いておきます。


Windows 10 Mobileにも電源ボタン+UPボリュームで操作するスクリーンショット操作があるのですが、ふとしたことで感動しました。


続きをよむ
posted by 風馬史郎 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

Windows Phoneユーザーは確認した方がいいかも……

というわけで、久々のモバイル記事です。

でも、このブログは出涸らし系よろずブログ(今日命名・笑)なので別にモバイルが主力という訳ではないし、前に主力扱いにしていた自転車関係の記事もバッサリ削除しましたからねぇ……。
不定期にジャンルを問わず様々な話をマイペースに書いていくそんなブログになっていくと思います。

何よりもマナーの悪いスマホ使いは嫌いだから、モバイルは積極的に展開しません。


私が今メインに使っているスマートフォンは Androidでも iPhoneでもなくて Windows 10 Mobileの MADOSMA(Q501-WH)だったりします。

理由は
・Androidだと陳腐化が早い割にはアップグレードなどのアフターサポートがお粗末な機種が多い
・iPhoneはオサレなイメージが強い
主観的かもしれませんが、こういう理由で Windows 10 Mobile機を使用しています。
現に、私の MADOSMAは Windows Phone 8.5の状態で入手して Windows 10 Mobileにアップグレードして使っている事もあって、OSの陳腐化に対して気を使わなくて済むのは気が楽だし、iPhoneみたいに見た目に拘泥せずに気楽に使えるからいいですね。

アプリは少ないけど、別に私はスマートフォンでゲームやっている訳ではないし、ブラウザと SNS、それに必要最低限の些少なアプリが使えればそれだけでいいのです。
元よりプライバシー対策とか諸々の理由で特定サービスに特化したアプリはあまり使わないし。


続きをよむ
posted by 風馬史郎 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル